2017−2−27−5

福岡には、渡れる離島が9つほどあることをご存知ですか?

どの島も、日常の忙しさや慌ただしさを忘れさせてくれる、素敵なスポットばかりです。

そこで今回は、福岡の離島をまとめました!フェリー乗り場や運賃なども合わせてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

地島(宗像市)

2017−2−27−5a

周囲が9.3kmある、宗像市の離島です。

椿が多く植えられていて「つばきロード」という遊歩道もあるため、のんびり散歩などして楽しむことができますよ。

トイレや売店もあり、渡船も1日6本運行しているなど、アクセスもよく訪れやすい島の1つです。

スポットの詳細

場所:福岡県宗像市
地図:マップはこちら
周囲:9.3km
売店:あり
トイレ:あり

アクセス

乗り場:神湊港(ニューじのしま)
運賃:大人400円(小学生以下まで半額)
本数:1日6本
HP:市営渡船の公式HPはこちら

大島(宗像市)

2017−2−27−5c

福岡最大の離島で、周囲が15cmもある宗像の離島です。

大きいので栄えていて、貸し自転車なども借りられるため、観光しやすいスポットです。

気軽に海釣りを楽しめる「うみんぐ大島」などレジャー施設もあるので、思う存分非日常を楽しむことができますよ。

>>福岡県内の釣り堀スポットまとめ!釣りデートにもピッタリ!

スポットの詳細

場所:福岡県宗像市
地図:マップはこちら
周囲:15km
売店:あり
トイレ:あり

アクセス

乗り場:神湊港(おおしま、しおかぜ)
運賃:大人560円(小学生以下まで半額)
本数:1日7本
HP:市営渡船の公式HPはこちら

相島(新宮町)

2015-11-26-2a

新宮町から約15分ほどで渡ることができる、玄界灘に浮かぶ島です。

この相島、実は猫がたくさんいることで有名な島なんです。

「世界6大猫スポット」にも認定されていて、猫好きにとってはまさにパラダイスともいえるスポットになっていますよ。

>>福岡の猫島3選!世界6大猫スポットの1つもある

スポットの詳細

場所:福岡県糟屋郡新宮町
地図:マップはこちら
周囲:8km
売店:あり
トイレ:あり

アクセス

乗り場:相島渡船場(しんぐう)
運賃:大人460円(小学生以下まで半額)
本数:1日5〜6本 ※夏期・冬期で変動
HP:町営渡船の公式HPはこちら

玄界島(福岡市西区)

2017−2−27−5b

1周4kmほどしかない小さな島ですが、山や灯台、神社など見て回れるスポットがいくつかあります。

渡船も1日7本と多く、ゆっくりぶらぶらする離島にピッタリ!

ただし、渡るまでに約35分ほどかかるので、船酔いしやすい方は酔い止めをおすすめします。

スポットの詳細

場所:福岡県糟屋郡新宮町
地図:マップはこちら
周囲:4km
売店:あり
トイレ:あり

アクセス

乗り場:ベイサイドプレイス博多埠頭(ニューげんかい)
運賃:大人860円(子供は半額)
本数:1日7本 ※夏期・冬期で変動
HP:市営渡船の公式HPはこちら

姫島(糸島市)

姫島(糸島)

糸島に浮かぶ、周囲4kmもない小さな島です。

釣り人に人気のスポットなのですが、景色がいい場所としても知られています。

離島から見える景色を楽しめば、日頃の疲れや悩みも吹っ飛ぶこと間違いなし!心を清めたいときにおすすめです。

スポットの詳細

場所:福岡県糸島市
地図:マップはこちら
周囲:4km
売店:あり
トイレ:あり

アクセス

乗り場:岐志渡船場(ひめしま)
運賃:大人470円(子供は半額)
本数:1日4本 ※夏期・冬期で変動
HP:市営渡船の公式HPはこちら

小呂島(福岡市西区)

小呂
提供:福岡市

福岡市西区に浮かぶ、周囲3.3kmほどの小さな島です。

まず、渡船で1時間ほどかかるほど離れていて、運賃も福岡の離島の中ではトップクラスに高いです。

しかし、それだけ離れているためか、日常を忘れるにはピッタリの場所といえます。売店がないので、食料を買うのをお忘れなく!

スポットの詳細

場所:福岡県福岡市西区
地図:マップはこちら
周囲:3km
売店:なし
トイレ:あり

アクセス

乗り場:姪浜渡船場(ニューおろしま)
運賃:大人1,760円(小学生以下は半額)
本数:1日1〜2本 ※曜日によって変動
HP:市営渡船の公式HPはこちら

能古島(福岡市西区)

能古
提供:福岡市

福岡では、おそらく最も栄えている離島ではないでしょうか。

約10分ほどで渡れる手軽さと、島内にある施設の充実さで、県内外から多くの観光客が押し寄せます。

「のこのしまアイランドパーク」では、四季の花を楽しむことができるので、花好きの方は1度訪れる価値ありですよ!

スポットの詳細

場所:福岡県福岡市西区
地図:マップはこちら
周囲:12km
売店:あり
トイレ:あり

アクセス

乗り場:姪浜渡船場(レンボーのこ、フラワーのこ)
運賃:大人230円(小学生以下は半額)
本数:1日23本 ※曜日によって変動
HP:市営渡船の公式HPはこちら

馬島(北九州市)

2015-11-26-2

小倉から約20分ほどで行ける、小さな島です。

福岡でも人気の「猫スポット」として知られていて、人口40人ほどの島に約80匹ほどの猫がいるそうです。

施設は充実していないので、行く場合は事前に買い込み必須ですよ!

スポットの詳細

場所:福岡県北九州市小倉北区
地図:マップはこちら
周囲:5km
売店:なし
トイレ:あり

アクセス

乗り場:小倉渡場(若戸渡船)
運賃:大人280円(小学生以下は半額)
本数:1日3本
HP:市営渡船の公式HPはこちら

藍島(北九州市)

2015-11-26-2c

馬島と同じく、北九州市の小倉北区に属する小さな島です。

こちらも「猫スポット」として有名なのですが、馬島の倍以上の300匹近い猫が住んでいますよ。

民宿などもあるので、泊まりで遊びに行くのもいいかもしれません。

スポットの詳細

場所:福岡県北九州市小倉北区
地図:マップはこちら
売店:なし
トイレ:あり

アクセス

乗り場:小倉渡場(若戸渡船)
運賃:大人400円(小学生以下は半額)
本数:1日3本
HP:市営渡船の公式HPはこちら

まとめ

どの島も、九州本土からそこそこ離れているので、都会の雑踏を忘れることができますよ。

リフレッシュしたいときや嫌なことを忘れたいときは、ぜひ遊びに出かけてみてはいかがですか?