2015325-1

ブログの更新は続いていますか?

おそらく、この記事のタイトルに惹かれて読んでくださっている方は、ブログの更新頻度が落ちている、または更新がストップしている方だと思います。

あなたの悩みは「なぜ、他の人はブログの更新を毎日続けれるのだろう?」ですよね。多くの人がこの疑問を抱き出すと、ブログの更新が滞っていきます。

そこで、今回はブログの更新が続かない理由を6つご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ブログの更新が続かない6つの理由

ブログの目的がハッキリしていない

2015325-5

あなたがブログを始めようと思ったきっかけは何ですか?人それぞれブログを始める理由は異なります。自分が体験したことを共感してもらうため、自分の備忘録として、ブログでお小遣い稼ぎをするためなど、なんらかの理由があるはずです。

しかし、ブログを始めるとき、この「始める理由」がフワっとして明確になっていなかったら目的を見失ってしまいす。そうすると、何のために、誰のためにブログを書いているのか分からなくなります。それが、ブログの更新が滞る理由です。

なので、ブログを始めるときは、目的をハッキリさせることが大切です。目的さえ決まっていれば、必然的に記事も描きやすくなり更新が滞ることがなくなります。

稼ぐことに目が行き過ぎている

2015325-2

ブログを始める理由に、いろんな人に見てもらって、ちょっと広告収入などでお小遣い稼ぎができたらいいな、という理由で始める方も多いはずです。

もちろん、ブログを始める動機として素晴らしいと思います。ですが、いつの間にか「読んでもらうこと」を忘れて「稼ぐこと」に目がいっていませんか?

もっと稼ぐにはどうしたらいいのだろう?
広告の場所はどこが最適なんだろう?
もっと単価の高い広告はないのだろうか?

この「稼ぐこと」に目がいってしまうと、自分の理想より収入が少ない場合モチベーションが低下し、ブログの更新が続かなくなります。

そんなことより、人が読んで面白い!共感できる!という記事を増やすことを考えましょう。そうすると、自然とPV数も伸び、広告収入もアップします。

結果を焦りすぎている

2015325-3

ブログを始めて1〜2ヶ月は、誰も読んでいないと思ってください。実際にほとんどそうです。

でも、いざブログを始めたら、分かっていても2ヶ月も誰にも読まれない記事を書き続けるのはツライ、もっと色んな人に読んでもらいたいと思いはじめます。人の欲深さが出る瞬間ですね。

ですが、そこは耐えどきです。こればかりは耐えるしかありません。ここを我慢して乗り越え、ブログの開設3ヶ月目辺りから、ブログを見てくれる人は増えてきます。

逆に、3ヶ月を過ぎても全く反対がない場合は、記事が面白くない可能性が大なので、文章の書き方やネタを変えるなどの変化が必要です。

楽しくない

2015325-6

ブログの更新がストップする1番の理由はこれです。更新が楽しくないからです。楽しくないことを毎日続けるなんて絶対に無理です。なので、結論からすると自分が楽しめるブログにすることが肝心です。

では、自分が楽しいと思えるブログとは一体どのようなブログなのでしょうか。ネットで調べてよく書かれているのが「自分が興味があるもの」とあります。

これは間違いではありません。でも、自分が興味があるものが1つか2つしかない場合は、これだけで楽しく更新を続けることはできないでしょう。おそらく、もって1ヶ月程度です。

例えば、自分がバイクに興味があったとして、はじめの1〜2週間は好きなバイクやカスタム方法などを紹介して更新できるでしょう。ですが、それだけではネタが尽き、いずれ無理やりネタを探している状態になってしまいます。

そうなると、楽しかったはずのブログの更新が楽しくなくなってしまいます。この状態を回避するには、自分が楽しいと思えるものを増やすことが大切です。意識して、楽しいものを自分で見つけなければいけません。つまり、アクティブさが重要なのです。

それと、ブログの方向性を1本に絞らないことです。余程の専門的な知識や愛情が無いと、ブログの方向性を1本でいくのは難しいです。

バイクのことも書くし、好きなアニメのことも書く、ハマっている料理の作り方でも何でもいいので、自分が楽しいと思えることを書いていけばブログの更新は続きます。

ネタが無いと思っている

2015325-4

何でもいいのに、あなたがネタが無いと思っているだけです。映画を見たらその映画のレビューでもいいですし、美味しいものを食べたらその感想でもいいんです。

このことを、ただ単に「この映画面白かったらおすすめだよー」ではいけません。どこが面白く、どのシーンで感動し、映画のオチがどう凄いかを伝えるかがポイントです。そうすれば、立派な1記事になります。

また、その記事から派生させることもできます。おすすめした映画のヒロインの女優さんのことを掘り下げ、他の出演作をまとめた記事なんかでも1記事になります。

このように、生きていれば何か見て、何かしているはずなので、それを記事にすればネタに困ることはありません。

いいコンテンツが分からない

2015325-7

ブログを人に読んでもらえるには、「いいコンテンツじゃないとダメ」というのを目にしたことがありませんか?ですが、そもそもいいコンテンツって何?と思いますよね。

多くは人は、そんなことを考えているうちに、ネットにある様々な情報に踊らされていつの間にか更新がストップしてしまいます。

でも安心してください。いいコンテンツの答えは簡単です。いいコンテンツとは、「情報量」と「あなたの熱意」のこの2つが詰まった記事だと思ってください。

記事を読んでくれる人が、どれだけ満足できる情報があるか。そして、あなたの熱い想いが相手の心に届くか、この2つを満たせている記事がいいコンテンツと言えます。

難しく考えず、安くて美味しいランチがあるお店を見つけて、それを熱心に友達に教えるような感覚で記事を書けばいいだけですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ブログが長く続かない人は、まずは目的ハッキリさせることから始めましょう。このままじゃ面白くない!と思ったらガラッとブログの方向性を変えてみてもいいんです。

そして、記事を書き続ければライティングスキルも身につき、ネタ探しのコツも上達していきます。あとは、楽しむことを忘れなかったら大丈夫です。

これさえできれば、あなたも有名ブロガーになれるかもしれないですよ。では。