2015-3-19

精神状態がネガティブになっていると、ついつい悪い考えが連鎖していき、気がつくと負のスパイラルに陥っていることありますよね。

よくポジティブに考えろなんて言われますが、ネガティブ思考のときに発想を転換させるのは至難の技です。

そこで、今回は思考の負のスパイラルから簡単に抜け出す方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

負のスパイラルから抜け出す簡単な方法

とりあえず行動してみる

考えるのが苦手な方や、原因がたまたま苦手なジャンルだった場合は、とりあえず行動してみるのがおすすめです。

もちろん、仕事だと考えもなしに動くのは危険なので、ブレインを他に据えて自分は行動するという形をとります。

そうすると、動いている間に余計な力も抜け、ふと良い案が思い浮かんだり、より効率的な方法を見つけるなど、プラスに働くこともあります。
行動してみて、初めて分かることは多いですからね。

しっかり休む

2015-3-19a

負のスパイラルを生んでいるのは、変な義務感や使命感にかられ、自分自身が万全ではない場合が多いです。
そんな状態では、いつまでたってもプラスの発想に至らないことも。

それなら、いっその事その原因から離れてしまい、しっかりと休息を取ってしまうのもありです。
休むこと自体に気がひける方も、そこはより良い結果を出すための準備と割り切りましょう。

考えることを一旦やめる

仕事だと、どうしても休めない場合もありますよね。
そんな場合は、考えることを一旦止めて脳を休ませてあげましょう。

負の種が頭にあるうちは、どうしてもプラスの考えを生み出せないことも多いですし、一旦休ませることでリフレッシュできます。
また、時間を空けて対面すると、意外とイージーなことだったりもするものです。

自分にとって楽しいことを考える

何か考えていないと落ち着かないという方は、自分にとって楽しいことを考えると、プラスに転じることがあります。
楽しいことは、思考的にも精神的にも良い効果をもたらします。

そうすることで、負のスパイラルの原因が大したことではないと思えたり、原因をポジティブに捉え良い結果を生み出すことを期待できます。

明るい音楽を聴く

2015-3-19b

音楽を聴くと、楽しい気分になったり悲しい気分になりますよね。
それを利用して、ネガティブな思考を音楽で強制的にポジティブにしてしまいます。

ただし、自分の好きな音楽ではなく、自分の好きな明るい音楽を聴くことがポイントです。
また、明るい音楽でも、その音楽に楽しい思い出が詰まっているとより効果的です。

自分へのご褒美を設定する

何か目標があり、それが自分にとってプラスな目標だと、余計に頑張ることができますよね。
そこで、自分へのご褒美を設定してあげて、それを目標に目の前の課題に取り組むという方法です。

課題を乗り越えたときには、ご褒美よりも素晴らしいものが手に入っているはずですよ。

目先のことではなくその先を想像する

目先の嫌なことばかりではなく、その先にあるものを想像します。
例えば、仕事なら目の前の課題がプレッシャーで負担になっていても、乗り越えた先には成長した自分の姿が見えますよね。

また、恋愛ならフラれたとしても、それを糧に自分を磨き今よりも素晴らしパートナーと出会えるチャンスがあるわけです。

このように、目先のことではなく、その先に一体何が待っているのかを想像すれば、負の原因すらも糧にすることが可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

マイナス思考から生まれる負のスパイラルを止めるには、これらがとても効果的です。
ぜひ、自分に1番合う方法で負のスパイラルから脱出し、良い結果を導きだしてください。では。