2017−6−7−4

福岡県内には、涼しいスポットがたくさんあります。

そこで今回は、福岡の避暑地をまとめました!夏のデートやお出かけする際の参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

白糸の滝

201585-7

糸島市にある、福岡屈指の避暑地です。

高さ約30mの白糸の滝周辺は驚くほど涼しく、近くの川では足を浸けて遊ぶことができるなど、涼しさを満喫できます。

夏の滝開き後には、ヤマメ釣りやそうめん流しを楽しむこともできるので、夏のお出かけ先にピッタリです!

>>【福岡】白糸の滝の徹底レポート!流しそうめん・ヤマメ釣りも楽しめて涼しさがヤバイです!

スポットの詳細

住所:糸島市白糸460−1
地図:マップはこちら
営業期間:なし ※そうめん流しなどは夏季限定
利用料:無料
駐車場:200台(無料)
公式HP:糸島市

千石峡

2015-7-29c

宮若市と飯塚市の中間あたりにある、筑豊エリアで人気の川遊びスポットです。

周りを木に覆われているため木陰が多く、川の近くはひんやりとしていて涼を楽しむことができます。

川遊びもできるので、家族のお出かけ先としても人気のスポットです。

スポットの詳細

住所:宮若市宮田2059−1
地図:マップはこちら
営業期間:なし
利用料:無料
駐車場:190台(無料)
公式HP:宮若市

管生の滝

2015-7-29d

小倉南区の山の中にある滝の名所で、夏は「菅生(すがお)の滝」目当ての観光客で賑わいます。

駐車場から滝までは少し歩かないといけませんが、整備してあるので歩きやすく、程よい森林浴になるかと思います。

もし行くなら、歩きやすい靴で行くことをおすすめします。

スポットの詳細

住所:北九州市小倉南区道原 菅生の滝
地図:マップはこちら
営業期間:なし
利用料:無料
駐車場:45台(無料)
公式HP:北九州市

野河内渓谷

2015-7-29g

福岡市内唯一の渓谷で、約700mにもわたり遊歩道が整備された人気避暑地です。

駐車場から直接遊歩道へ入ることができ、すぐに涼しさを感じることができます。

ゆっくり歩いても1時間程で往復することができるので、運動不足の方でも十分楽しむことができますよ。

岩場があるので、歩きやすいスニーカーで行くことをおすすめします。

スポットの詳細

住所:福岡市早良区飯場 野河内渓谷
地図:マップはこちら
営業期間:なし
利用料:無料
駐車場:無料
公式HP:福岡市

竜王峡

2015-7-29h

三段構えの「竜王の滝」がある、直方で人気の避暑地です。

駐車場から2〜3分ほどの距離に竜王の滝があるので、すぐにマイナスイオンを浴びることができます。

川遊びやバーベキューも楽しめるので、友達グループや家族でワイワイ楽しむ方も多いです。

スポットの詳細

住所:直方市上頓野
地図:マップはこちら
営業期間:なし
利用料:無料
駐車場:10台(無料)
公式HP:直方市

五塔の滝

gotou

5段になって流れ落ちる珍しい滝を見れるスポットです。

落差の激しい滝なので、マイナスイオンがバリバリ出ており、夏は涼を求める方で賑わいます。

水がとても綺麗なので、サンダルを持って行き水に足を浸けてみてはいかがですか?

スポットの詳細

住所:糟屋郡篠栗町金出3244−9
地図:マップはこちら
営業期間:なし
利用料:無料
駐車場:10台(無料)
公式HP:福岡県町村会

上野峡

agano

糸島の滝と同じ名前の「白糸の滝」があることで人気のスポットです。

渓谷の入り口から約10分ほどの距離に滝がありますが、道は登山道なのでなかなか険しくなっています。

行く際は、サンダルなどではなくスニーカーや運動靴で行くのがおすすめです。

スポットの詳細

住所:田川郡福智町上野
地図:マップはこちら
営業期間:なし
利用料:無料
駐車場:30台(無料)
公式HP:福智町

調音の滝公園

chouon

調音の滝を中心に整備された公園です。

滝から出るマイナスイオンはもちろん、川遊びもできるため、カップルや友達、ファミリーでのお出かけ先として人気があります。

毎年夏になると滝びらきが行われ、そうめん流しや流水プールなども体験できますよ。

スポットの詳細

住所:うきは市浮羽町妹川3184
地図:マップはこちら
営業期間:なし
利用料:無料
駐車場:50台(無料)
公式HP:うきは市

筑紫耶馬溪

chikushiyabakei

那珂川町にある約1kmの渓谷で、優しく流れる小川や小さな滝を楽しむことができます。

大分の耶馬渓と比べると規模はかなり小さめで、見る部分はそんなに多くありません。

それでも多くの人が涼を求めて集まる、人気の避暑地です。

スポットの詳細

住所:筑紫郡那珂川町市ノ瀬
地図:マップはこちら
営業期間:なし
利用料:無料
駐車場:10台(無料)
公式HP:那珂川町

千仏鍾乳洞

senbutsu

国の天然記念物にも指定されている、平尾台の鍾乳洞です。

1年を通して気温が16度ほどに保たれているため、夏は涼を求める人でにぎわいます。

入り口から480mは靴のまま入れるので、デートで気軽に訪れたりするにはピッタリのスポットです。

スポットの詳細

住所:北九州市小倉南区平尾台3−2−1
地図:マップはこちら
営業期間:9:00〜17:00 ※土日祝は18:00まで
利用料:大人800円 / 小学生400円
駐車場:100台(無料)
公式HP:千仏鍾乳洞

目白鍾乳洞

mejiro

千仏鍾乳洞と同じ、平尾台にある鍾乳洞の1つです。

こちらの鍾乳洞もとても涼しく、夏は最高で20度以上も気温差が出ることもあるのだとか。

日本最大級の鍾乳石があるなど、見どころも多いので、避暑地としてだけでなく観光地としてもおすすめです。

スポットの詳細

住所:北九州市小倉南区平尾台3−1−1
地図:マップはこちら
営業期間:10:00〜17:00 ※不定休
利用料:大人500円 / 小人250円
駐車場:10台(無料)
公式HP:目白鍾乳洞

牡鹿洞

ojika

千仏鍾乳洞、目白鍾乳洞に続く、平尾台の名物鍾乳洞です。

縦に穴が空いている珍しい鍾乳洞で、まるで探検をしているかのような気分に浸ることができます。

だいたい30分ほどで見て回ることができますよ。

スポットの詳細

住所:北九州市小倉南区平尾台2−6−58
地図:マップはこちら
営業期間:10:00〜17:00 ※不定休
利用料:大人500円 / 小人300円
駐車場:10台(無料)
公式HP:平尾台自然の郷

岩屋第一鍾乳洞

iwaya

田川市の夏吉にある鍾乳洞で、珍しく無料で入ることができます。

ただし、整備はされていないので足場が良くないのと、狭い箇所などもあり服が汚れてしまうのが難点。

その代わりに、穴場的スポットでもあるため、極力人がいない避暑地を探している方にはいいかもしれません。

スポットの詳細

住所:田川市夏吉夏吉岩屋
地図:マップはこちら
営業期間:なし
利用料:無料
駐車場:無し
公式HP:田川市

まとめ

川や渓谷、鍾乳洞など、福岡には様々な避暑地があります。

どのスポットも暑さを忘れてゆっくりすることができるので、夏のお出かけ先にどうぞ!

待ち時間の暇を解消できる↓

>>今話題の厳選アプリランキング!