2015-6-29

能古島といえば、数多くの自然が残る観光にピッタリな、とても素敵な島ですよね。

そんな能古島を舞台にした映画が、7月11日から福岡で先行公開されます!

リリー・フランキーさんや博多華丸さんをはじめとする、豪華出演陣が脇を固める注目の1本となりそうです。

そこで、今回は映画「なつやすみの巨匠」についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

なつやすみの巨匠

あらすじ

2015-6-29b

能古島に住む少年シュンは、せっかくの夏休みにも関わらずヒマを持て余していた。

そんなある日、8ミリビデオカメラを父親からもらったことで、親友の二人と一緒に映画撮影に夢中になる。

ただし、島には野暮ったい人ばかりで絵になる人物がいないと嘆くシュン。

そんなある日、ユイという名の少女と出会うことに。

ユイは、ブラジル人と日本人のハーフで、まさに映画に登場するようなヒロインのような出で立ちで、シュンは思わず一目惚れ。

そして、それを隠すかのように自分は映画監督だからスカウトしたと説明し、「お前ば、女優にしちゃる!」と言い放つシュン。

この出会いをきっかけに、シュンとユイの奇妙な関係が始まることに…。

豪華なキャスト

2015-6-29a

主人公のシュン役は、400人の中から見事選ばれた野上天翔くんで、ヒロインのユイ役も、オーディションを勝ち抜いた村重マリアちゃん。

ヒロイン役の村重マリアちゃんは、お姉さんがHTK48の村重杏奈さんだそうです。

そして、このメインキャストの脇を固めるのが、リリー・フランキーさんや板谷由夏さん、博多華丸さんといった、福岡出身の豪華キャストです。

演技に定評のあるキャストが、抜群の演技力で博多弁を喋る姿だけでも一見の価値ありですね。

主題歌は幻の名曲「能古島の片想い」

主題歌として使われているのは、筑豊出身の有名なアーティスト井上陽水さんの「能古島の片想い」です。

この曲は、1972年に発売されたアルバムにのみ収録されていた曲だそうで、現在も幻の名曲と言われています。

予告編にも挿入されていますが、少し昔の歌にも関わらず映画とよくマッチングしていると思います。

キャストだけでなく、主題歌まで福岡で固めてくるとは、本当に福岡をタップリ詰め込んだ作品ですね。

福岡の大洋映画劇場で先行公開

映画「なつやすみの巨匠」ですが、実は福岡の大洋映画劇場にて先行公開されることが決定しています。

大洋映画劇場といえば福岡の中州にある劇場で、味のあるロビーや昔は多かった小さなスクリーンもあるなどで、人気の映画館です。

そんな大洋映画劇場にて、7月11日より先行公開が始まります。

また、全国公開ではなく九州での公開予定となっているので、福岡へ旅行に訪れた方はぜひご覧になってください。

予告編がこちら

まさに「福岡たっぷり!」という感じの映画に仕上がっていそうです。

オール福岡メイドという、なかなか珍しい映画となっていますので、福岡県民はもちろん全国の福岡ファンは見逃せませんね!

夏にピッタリのストーリーなので、淡い夏の思い出をこの映画で振り返ってみてはいかがですか?

映画情報

監督:中島良
企画・脚本:入江信吾
出演:野上天翔、村重マリア、リリー・フランキー、板谷由夏、博多華丸、国生さゆり ほか
主題歌:井上陽水「能古島の片想い」
上映時間:112分

※2015年7月11日より福岡大洋映画劇場にて先行公開。公開は九州各県となっています。

参考サイト・画像元:「なつやすみの巨匠」オフィシャルサイト