2015426-2-1

デザイナーのJonathan Harrisさんが、ペン1本で誰でも描けるトリックアートの書き方を公開したました。

公開された映像は、平面の紙に描かれているのに、まるでブラックホールのような穴が空いたように見えるトリックアートです。

冒頭の画像が完成した作品になります。4分ほどの早回しの動画ですが、これを見て真似すれば、誰でもトリックアートを描けるようになりますよ。

スポンサーリンク

トリックアートの書き方

先ずは、ある点に向かって円を描くように線を引いていきます。

2015426-2-3

大枠の完成図はこのような感じです。

2015426-2-2

次に、徐々に大きくなっている楕円を描きます。

2015426-2-4

できた四角いマスを一つ飛ばしで塗っていきます。

2015426-2-7

綺麗に塗り終わったら中心を塗りつぶし、周りを薄くグラデーションをかけるように塗っていきます。

2015426-2-5

そうすると、まるで穴が空いたように見えるトリックアートが完成します!

2015426-2-6

一連の流れが分かる動画

過去記事紹介!

以前、100秒メッセンジャーでは、日本生まれの怪獣ゴジラのトリックアートも紹介しています。

【動画】オチに驚愕!上手いけど違和感があるゴジラのイラスト

こちらは、素人には簡単に真似できないですが、クオリティは凄いです。一見、下手クソなゴジラかと思えば、ラストに衝撃。その時に紹介した動画はこちら。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

平面の紙に書いてあると分かっていても、本当に穴が空いているように見えましたよね。トリックアートは、仕掛けを知っても興味深いものがあります。

この動画を見て練習すれば、難しいトリックアートが誰でも簡単にできますよ。明日、学校で自慢しちゃう?では。