2015-4-6

会社で働いていると、何かのプロジェクトに参加することありますよね。そんなとき、きちんと意見を言えていますか?

仕事で意見を言うというのは、会社への貢献はもちろん、さらに会社を成長させるという点においてとても重要です。会社は、さらに利益を追求するために雇用するので当然ですよね。

ですが、「意見を伝える」という行為は、何も会社だけのメリットばかりではありません。様々なメリットとして返ってくるんです。

スポンサーリンク

仕事で意見を伝えることのメリット

仕事の質が上がる

2015-4-6a

自分自身の意見が相手に伝われば、それがプラスの案、もしくは改善点だったとしても、何らかの形で仕事へ影響します。

なんの考えもなしに言うような意見や、オブラートに包み過ぎて何が言いたいか分からない意見は例外ですが、きちんと考え抜いた意見ならばマイナスになることはあまりありません。

「どうせ自分の考えるようなことなんて皆分かってる」と思っていても、周りは全然分かってないなんてよくあることです。

また、「自分の意見で仕事を止めてしまうかも」と思うかもしれませんが、仕事が止まるなんてことはありません。しっかり考える時間を設けて煮詰めることで、仕事は着実に力強い一歩を踏み出しています。

それに、もしそれでプロジェクトが止まってしまったとしても、それはそこまでのプロジェクトだったということの裏返しですからね。

信頼関係が築ける

2015-4-6b

意見を伝えるということは、自分自身の仕事へ対するスタンスも同時に伝えます。仕事に対する熱意が無いと、真剣な意見なんて出てきませんからね。

意見を受けた上司やリーダー、同僚にはその熱意が伝わるので、より理解を示してもらえ自然と信頼関係が生まれます。結果、仕事がさらにやりやすくなるという好循環を生み出すわけですね。

逆に、仕事に対して何も意見を言わないでいると、何を考えているのか、本当に真剣に取り組んでいるのかが分からず、信頼してもらえないこともあるので注意が必要です。

ストレスを溜めずに済む

2015-4-6c

「こうすれば良いのでは?」なんて意見を持ちながらも、なかなか言い出せずにいる状況が続くと小さなストレスになります。

もちろん、言うにも勇気が必要なので若干のストレスになりますが、それ以上に得られるものが大きいので言うに越したことはありませんよね。意外と、勇気を出して言ってみると優しく真剣に応えてくれた、なんてことも多々あるものなので勇気を出しましょう。

また、「意見を言う」という勇気を持つことは仕事以外にも役立つことが多いので、これができるようになると他の場面でも良い影響がありますよ。

何より、自分が成長できる

2015-4-6d

仕事のクオリティを上げ、信頼関係を築き、ストレスを溜め込まずに良い職場環境を作ることで、何より自分自身を成長させることができます。

また、意見を分かりやすく伝えようとする努力、仕事に対してのアンテナの張り方など、他にも様々なことが成長させてくれるようになっています。

特に、自分の意見が反映されて成果をあげれば、さらに大きな自信と飛躍へとつながります。自分を変えたい、何か成長するきっかけが欲しいという方は、意見をストレートに分かりやすく伝える努力をしてみると良いかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

日本人は周囲に気をつかい過ぎなので、特に意見を言うという部分に欠けている方が多いですが、意見を言うことは恥ずかしいことでも間違ったことでもありません。

会社を成長させ、自分自身をも成長させる大切なきっかけになるものなので、これからはぜひ意見を伝えていくようにしましょう。
もちろん、伝えるのは「きちんと考えた意見」ですからね。では。