2015-4-4-3

毎日ハードな業務をこなす日本人。なかには、残業続きで会社に泊まることが多い、なんて方もいるのではないでしょうか。そんな方に最適なソファを、オーストラリア生まれのデザイナーが手がけました。

今回は、ソファなのに快眠を得ることができる「CAMP DAYBED」をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

快眠できるソファ

「CAMP DAYBED」は、一見すると普通のソファなのに寝袋としても使うことができる、便利な快眠ソファです。

デザインしたのは、オーストラリア生まれで現在はイギリスを拠点に活動するStepanie Hornigさんで、他にも様々な家具をデザインしているデザイナーです。

このソファ、普段はグリーンが鮮やかなカジュアルソファといった感じで利用できます。これなら、部屋や職場に置きやすいですよね。

2015-4-4-3a

ソファではなく寝袋として利用したい場合は、横のチャックを開けて中に潜ります。そうすると、まるで寝袋のように利用できるというわけですね。

2015-4-4-3b

このCAMP DAYBED、実はソファの背面をマガジンラックとして利用することもできるんです。こんなのが職場の休憩室にあると、一気におしゃれ感でますよね。

2015-4-4-3c

ここで思うのが、ソファなら洗濯が大変なのではという問題ですよね。そんな問題も解決するのがCAMP DAYBED。

ソファ部分が簡単に取り外せて洗濯可能とのことです。また、取り外しができることにより、移送も簡単にできるのだとか。これなら、自宅や職場で使うにしても手軽に導入することができそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

まさに、ハードワークをこなす日本人にはピッタリのソファだと思います。このソファで寝れば、翌日への活力も十分に湧くというものですよね。

デザインのみで実際には発売はされていないようなので、手に入れることはできませんが、あると便利そうなのでぜひ販売して欲しいですね。一番良いのは、徹夜しなくて済むことですけどね。では。

参考サイト・画像元:www.stephaniehornig.com