2015-3-31-3

ドイツの児童文学で、日本でもアニメとして放送されていたため認知度の高い「みつばちマーヤの冒険」。みなしごハッチと混同されがちな作品としても有名ですね。

そんなみつばちマーヤが、フルCG映画となってアメリカで公開されるようです。そこで、今回は「Maya The Bee Movie」をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Maya The Bee Movie

2015-3-31-3b

みつばちマーヤ ザ・ムービーは、ドイツとオーストラリアのスタジオが共同で制作したフルCGアニメです。

日本では、1970年代にアニメが制作され放送されていたので、昭和生まれならば知っている方も多いのではないでしょうか。

原作では、メスみつばちのマーヤが刺激を求めて外界へと旅立ち、様々な出会いや経験を通して成長していく姿を描いています。予告編を見る限りでは、原作と同じストーリーのようですね。

お馴染みの仲間達も

2015-3-31-3a

作中では、同じみつばちで準主人のウィリーや、お世話役で登場するバッタのフィリップなど、お馴染みのキャラクターたちも登場します。

他にも、しつけ役のみつばちカサンドラ先生や、敵の大きなスズメバチなど、本作に忠実な登場キャラクターが魅力です。リアルタイムで見ていた方には、懐かしくなるシーンが満載のようですね。

予告動画はこちら

アニメ版の第1話はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。

みなしごハッチとは違い、明るくてアクティブなみつばちが活躍する内容なので、親子で観る映画として最適ですね。

日本での公開は未定ですが、もしも公開される際にはぜひご家族で映画館へと足を運んではいかがですか?では。

参考サイト・画像元:「Maya The Bee Movie」オフィシャルサイト